2009年01月13日

『Q.E.D.証明終了』高橋愛(モーニング娘)、中村蒼、石黒賢、富岡晃一郎・・ドラマ まとめ あらすじ レビュー

2009年1月8日(木)スタート、NHKドラマ
2009年1月8日(木)スタート、NHKドラマ
Q.E.D.証明終了高橋愛(モーニング娘)中村蒼、石黒賢、富岡晃一郎

★原作者:加藤元浩『マガジンGREAT』(講談社)に連載中の推理漫画。

★主題歌:青山テルマ『このまま ずっと』

★あらすじ

ある日、東京の高校に転校生がやって来る。
米の超難関大学MIT(マサチューセッツ工科大学)を飛び級で卒業
した数学の天才少年の燈馬想(とうまそう)だ。

ひょんな事から同じクラスの水原可奈(剣道好き、好奇心旺盛な
高校2年生)は想と知り合い、休日に想はヒマしていると勝手に
決め込んで可奈は想を無理矢理スカイダイビングに連れていくが、
そこで事件に出くわす。

スカイダイビングチーム「スターシップ」のメンバー、野牧洋治
(本田大輔)が上空から、背中にナイフがつき刺さった状態で地面
に激突、死亡したのだ。

可奈は自分の目の前で起きた事件にショックを受けるも、持前の
好奇心が頭をもたげ、想を巻きこんで調査に首を突っ込んで行く
が想は無関係を決め込もうとする。

可奈はそんな想に「あなたってわからない。どうして日本の高校
に入り直したの?」と痛烈な皮肉を浴びせ立ち去る。

その後この謎の変死事件の調査はこれといった進展もなく、デッド
ロック状態の可奈と可奈の父で警部の水原幸太郎(石黒賢)に想から
連絡が入る。

「事件の全貌を証明する」と・・

可奈と幸太郎が現場に着くと、想はもう一人のスカイダイバーと一
緒に空の上だという。

空の上で想は「スターシップ」のメンバーの一人と対峙し、「あな
たが犯人ですネ」と告げ、トリックを暴いていくが、その男は最後
の賭けに出る。

想のパラシュートが開かないように細工をしたかもしれないとほの
めかし、2人で飛び降りる。

想のパラシュートが開かなければ、パラシュートを準備した男が犯人。

開けば想は生き、トリックの全貌を警察に知られる。いずれにしても

その男は破滅することに・・。

地上では上空に飛び出した2人を見守る可奈と幸太郎。

果たして想のパラシュートは開くのか開かないのか。


※『Q.E.D.証明終了』とコケオドシのような題名がついていたので
どんなものかなと思いきや、学園推理ものでした。

元気娘と天才少年が難事件を解決していくというものです。

クラスに転校生がやってくるのですが、2人はすでにちょっと
知り合いになっているという、世界共通の男女のきっかけとなっ
ています。「冬ソナ」もそうでした。先生が転校生を連れて教室
に入ってきてびっくりするというアレです。

このテレビドラマ、映画でよく使われる出会いのプロット、くるぞ
くるぞと思っているとそのとおりになるお約束です。(*^_^*)

犯罪トリックはシンプルですが、見てるだけではなかなか見破るこ
とはできません。

証拠が無い中、天才少年が大胆にも犯人の懐に入っていき、躓かせる
というのはとても面白いプロットでした。

2回以降も期待しています。


※『Q.E.D.』はラテン語でQuod Erat Demonstrandumの略。
読みは「クオド・エラト・デーモーンストランドゥム」
「かく証明せり」という意味だそうです。


★キャスト

☆水原可奈(剣道好き、好奇心旺盛な高校2年生):高橋愛(モーニング娘)

☆燈馬想(とうまそう)(MITを飛び級で卒業した天才少年):中村蒼

☆水原幸太郎(刑事、加奈の父親):石黒賢

☆笹塚真人(幸太郎の部下):富岡晃一郎


★脚本:藤本有紀、相原かさね

★音楽:海田庄吾

★制作統括:古川法一郎

★演出:伊勢田雅也、榎戸崇泰
















スポンサードリンク
posted by ドラマ まとめ あらすじ レビューの鬼 at 14:29 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。