2012年02月16日

相棒season4第18話「節約殺人」伊藤かずえ・・ドラマあらすじレビュー


プロローグ

男が胸から血を流し仰向けに倒れている。
そばに立ちそれを見ている男。
その男の後頭部を大きな花瓶で殴り倒す女。
女は自ら警察に通報。人を殺しましたと・・。


女は松原宣子、雑誌・TVで人気のカリスマ節約主婦だ。


捜一の捜査が始まった。
ナイフで刺されたのが宣子の夫。
宣子が殴り殺したのが浅田という男。


宣子の証言では、
夫が浅田をあることでゆすっていた。
浅田が怒ってナイフで夫を刺殺、宣子は身を守るため、
男を花瓶で殴ったと・・・。


夫の死体から宣子の知らない白い携帯電話が出てきた。
その待ち受け画面には浅田と若い女の2ショット写真。
浅田の携帯には、夫の携帯番号で3H前の着信履歴が・・。


そこへ、捜一に若い女の刺殺死体が雑木林で発見
されたとの連絡がはいる。
その女はあの待ち受け画面の若い女だった。
名前は馬場香織。


浅田のジャンパーのポケットにあったナイフの
キャップの内側に馬場香織の血痕が付着していた
ことから、捜一は浅田が馬場香織を殺害、それを
偶然目撃した松原が香織の死体から携帯電話を持
ち出し、浅田を呼び出し、ゆすろうしたが逆に殺
されたしまったという方向に固まりつつあった。


しかし、右京は宣子の特集が組まれた雑誌のリビン
グの写真に古伊万里の柿右衛門の花瓶があるのを発見する。


緊急事態で花瓶を選ぶ余裕などないのに、わざわざ
贋物の花瓶を殺害に使用したことに疑問を感じる。


相棒コンビは宣子に会いに行くが、事件直後だという
のに、番組の収録があると出かけていった。


テレビ製作会社関係者に聞くと、宣子が是非といって
頼んだというのだ。


浅田はもちろん、夫を殺害したのも宣子であると確信
した相棒コンビは執拗に宣子につきまとうが、アリバイ
を示す、スーパーのレシートを見せられ・・・。


課長の一言からピンときた右京は凶器のナイフとキャップ
を合わせる。すると、ルースで抜けてしまいフィットしない。


右京は宣子の事件翌日の行動から、浅田のナイフをスタジオ
に持ち込んだと推理、相棒コンビはスタジオ収録の現場に
乗り込む・・・。


う〜ん、今回はちょっと穴がありすぎかもしれません。


同じ形のナイフの確率ほとんどありませ〜ん。


残念!!


さらに、ナイフ持ってるかどうか調べないわけがない。

(-_-)/~~~ピシー!ピシー!









スポンサードリンク
posted by ドラマ まとめ あらすじ レビューの鬼 at 11:17 | 国内ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。